• 症状・痛みの原因:肩こり、腰痛、首の痛み、手足のしびれ
  • 矯正法・アトラス・オーソゴナル・テクニック
  • 初診の流れ
  • お問い合わせ

健康コラム

膝の問題

50歳前後から膝の痛みを訴えて来院される患者さんが多数おられます。
散歩のコラムで少し触れましたが、間違った運動を行うと膝の痛みを起こす原因になってきます。
このコラムでお話しするのは、外傷などで起こる靱帯の断裂や半月版の損傷における膝の痛みではなく、特に何をしていたのではなく急に膝が痛くなるケースについてです。

膝は本来正座が出来るぐらい可動範囲が広い関節です。
ただ肩関節と違い、歩くと関節に身体の全体重がかかってきます。特に階段の上り下りや座っていて立ち上がる時は負担が多く、たいていこの動作のときに痛みを感じるようになります。
原因は加齢により筋肉の衰えと筋肉の反応の低下により、関節に負荷がかかった時に少しズレが生じ痛みが生じてしまいます。関節に違和感を感じたときに、なるべく早くそのズレを矯正すると痛みはなくなってしまいます。ただ時間が経過して関節に炎症が生じるとなかなか痛みが改善しにくくなってきます。
又、痛いので膝を曲げなくしていると本当に曲がらなくなってしまいます。
変形性の膝関節炎になってしまい、手術が必要になってしまいます。

当院では急性期は別として、ゆっくりでも膝が曲げられるようなら毎日湯船の中で数秒間の正座をするようにお勧めしてます。これをすることによって痛みが改善した後、正座が出来るようになります。
やはり曲がるものは曲がらなくては不自由になってしまいます。
今よりも老後が大変になってきますので、膝は大切にしましょう!

  • カテゴリー
    • カテゴリーなし
  • 全件(6)